転職について調べます。

気づいたらみんな転職してたのでどんなものか調べようと思います。

マーケターにとって本当におすすめできる転職エージェント5選!特徴や転職活動時のコツを解説

「マーケターとして転職したい!」そう感じたときに、自分の希望通りに転職を成功させるには、さまざまなサポートをしてくれる「転職エージェント」を利用することが大事です。

しかし、選べない程多くの転職エージェントがあり、「マーケターへの転職には、どの転職エージェントを利用すれば良いのだろう?」と悩まれる方は多いのではないでしょうか?

この記事では、マーケターに強いおすすめの転職エージェントをご紹介しています。

それぞれの転職エージェントのサービス内容や特徴をご紹介し、記事の後半では、マーケターとしての転職を成功させるコツも解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

 

本当におすすめしたい!マーケター職に強い転職エージェント5選

各転職エージェントによって、得意としている業界や職種が異なります。

希望する職種に強い転職エージェントを使うことが、希望通りに転職を成功させるコツです。

マーケターに強いおすすめの転職エージェントを5つご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント



リクルートエージェントは大手人材紹介会社「株式会社リクルート」が運営している総合型の転職エージェントです。リクルートエージェントは、マーケター職の転職に特化しているわけではありません。

しかし、業界最大級の転職支援実績を誇り、マーケターの転職支援・実績も数多くあります。

リクルートエージェントは大手転職エージェントということもあり、大手企業から中小企業まで幅広く対応しています。

このような理由で、マーケター向けの転職エージェントを紹介しているサイト・Webメディアからも、評価を得ておすすめと言われています。

 

リクルートエージェント公式サイト:https://www.r-agent.com

 

マスメディアン

マスメディアン



マスメディアンは「宣伝会議」「広告会議」を出版している会社の関連会社です。

広告系・Web系・マスコミ系の職種に強みを持っていることが特徴の転職支援エージェントです。

主にWebマーケティング職を中心に幅広い求人数があるので、広告やWeb関連のマーケター職の求人はマスメディアンのサイトから確認できます。

さらに、マーケター業界の内部事情や情勢に精通しているエージェントが、転職活動の開始から転職を成功させるための戦略を一緒に考えてくれます。

マーケティング系に特化しているため、マスメディアンならではのコア情報を持っているところが強みとしているので、大手転職エージェントでも持っていないマーケター職の情報を持っていることも珍しくありません。

マーケターとして転職をするなら知っておくべき転職エージェントと言えます。

 

マスメディアン公式サイト:https://www.massmedian.co.jp

 

 

JACリクルートメント

JACリクルートメント

外資系企業への転職活動を支援する転職エージェントとしてJACリクルートメントは有名です。

外資系企業のマーケター職への転職案件を数多く保有しており、年収アップやキャリアアップなどハイクラス転職を求めている方におすすめです。

外資系企業はマーケター職の求人募集を頻繁に行なっています。外資系のマーケターポジションは、国内企業で勤めるマーケター以上に上位に考えられていることが多く、外資系企業でマーケティング部に所属している人は、とても優秀な人材だと称されることもあります。

(※もちろん国内企業のマーケターポジションも非常に優秀な方が多いです。)

そのため外資系企業のマーケター職は、高年収・好待遇が特徴で人気な職種となっています。

そんな外資系企業でのマーケター求人案件に強みを持っているのがJACリクルートメントの特徴です。

また、JACリクルートメントは、マーケター職に特化した転職サイト「マーケティング転職.com」も運営しており、マーケターとして転職したい方にはおすすめできる転職エージェント(サイト)です。

 

JACリクルートメント公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp

マーケティング転職.com:http://www.marketing-jac.com

 

doda

doda

 

dodaは「パーソルキャリア株式会社」が運営している業界最大級の転職エージェントです。

登録者数は600万人を超えていて、多くの転職希望者が登録しています。dodaが取り扱っている求人数は「8万3,000件」で、そのうちマーケターの求人数は「1万5,000件」です。

東証一部・二部上場企業の求人から、ベンチャー企業の求人まで幅広く取り扱っています。

転職者の希望する条件にマッチしている求人を紹介してもらいやすいのが特徴です。

そのため、マーケター職の専門転職エージェントではありませんが、dodaは初めての転職活動でもおすすめできる転職エージェントです。

 

doda公式サイト:https://doda.jp

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、専門職や管理職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスが特徴です。

経歴や実績を企業側に見てもらい、企業側から詳しく知りたいと連絡が来るので、マーケターとしてキャリアアップを目指している方にはおすすめの転職サービスです。

ビズリーチでは、約1700名のヘッドハンターが登録しており、転職エージェント会社として、ヘッドハンティングサービスでは業界No.1となっています。

近年では、ミドル層への求人案件も豊富となってきて、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サービスです。

 

ビズリーチ公式サイト:https://www.bizreach.co.jp

 

転職エージェントを選ぶときに抑えておきたいポイント

転職エージェントを選ぶときに抑えておきたいポイント

マーケターへの転職を成功させるには、利用する転職エージェントが最重要と言えます。

初めて転職するときには、「どんな転職エージェントが良いのだろう?」と悩まれると思います。ここからは、転職エージェントを選ぶときに抑えておきたいポイントを3つご紹介します。

マーケターへの転職を成功させるためにも、下記のポイントを参考にしてみてください。

 

マーケター職の求人数

転職エージェントを選んでいく上で最も抑えておきたいポイントが、マーケターの求人数です。

どれだけ良いサービスを提供する転職エージェントでも、マーケターの求人数が少なければ、自分の希望通りに転職することは難しくなります。

また、マーケターの求人数が多くても、「大手企業から中小企業まで取り扱っているのか」「さまざまな業界の求人を取り扱っているのか」ということを確認することが大切です。

転職エージェントを選ぶときには、サービス内容ばかりを気にしてしまう方が多いので、まずはマーケターの求人数を確認することをおすすめします。

 

サポートしてくれる内容

転職エージェントの特徴は転職に関するサポートを受けられることなので、転職エージェントを選ぶうえで抑えておきたいポイントとして、サポート内容が挙げられます。

サポート内容によって、マーケターへの転職成功率が変わります。

上記でお伝えした「type転職エージェント」の面接で聞かれる質問を想定して教えてくれることなどは、マーケターへの転職成功率を高めるサポートです。

転職エージェントでは、求人紹介や書類の添削、日程の調整などは、当たり前のサポート内容になるので、特徴的なサポート内容があるのか確認してみてください。

 

実際に利用した人の口コミ

実際に転職エージェントを利用した人の口コミ

最後に抑えておきたいポイントが、実際に利用した人の口コミです。

転職エージェントを選ぶときにホームページから求人情報やサービス内容を確認すると思うのですが、基本的にホームページには自社のイメージダウンにつながることは記載していません。

そのため実際に利用してみると、「思っていた転職エージェントではなかった」ということがあるので、実際に利用した人の口コミを確認することが大事です。

転職エージェントの口コミを調べるときには、「〇〇エージェント 口コミ」などと検索すると、さまざまな口コミが出てきます。

また、Twitterで検索をかけても、実際に利用した人のツイートを確認できます。質の高い転職エージェントを利用するためにも、実際に利用した人の口コミを確認することをおすすめします。
マーケターとしての転職エージェントの選び方は下記の記事を参考にしてみてください。
保存版/マーケティングのおすすめ転職エージェントとその選び方

 

マーケター職の転職を成功させるコツ

マーケター職の転職を成功させるコツ

自分の希望通りに転職することは、決して簡単なことではありません。

希望通りに転職を成功させるためには、いくつか抑えておきたいコツがあります。

マーケターの転職を成功させるコツをいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

転職サイトと転職エージェントを併用する

この記事ではマーケターの転職におすすめの転職エージェントをお伝えしましたが、マーケターの転職を成功させるには、転職サイトと併用することが大切です。

転職サイトを利用することで、自分で求人を検索したり、応募したりすることができるサービスになります。併用することで2通りの方法で求人に応募できるため、転職先の選択肢を広げることが可能です。転職先の選択肢が広がることで、マーケターへの転職成功率が高くなります。「転職エージェントと転職サイトは併用しても良いの?」と思われるかもしれませんが、併用しても問題ありません。

 

できるだけ同じ業界への転職を希望する

マーケター職では業界に関する知識が必要になるので、同業他社への転職を希望することが大切です。

同業他社とは、同じ業界に属している他の企業のことを指します。例えば、金融業界の企画職に勤務しているのであれば、金融業界のマーケター職への転職を希望するということです。

もし、金融業界から不動産業界への転職を希望すると、業界全体で考えた際に未経験と判断されることもあるので、マーケター職への転職成功率は低くなります。「業界に関して希望はない」という方は、同業他社への転職を希望することをおすすめします。

 

しっかりと面接対策をしておく

転職活動が進んでいくと、応募した企業で「面接」を受けます。

面接は転職者と採用担当者が初めて会う機会になるため、重要視されるケースが多いです。

そのためマーケターへの転職を成功させるには、面接の対策をしておくことが大切になります。

特に、マーケターはコミュニケーション能力が重要視される職種なので、面接での受け答えで採用結果が決まってしまうことがあります。社会人になってから、面接を受ける機会はないと思うので、面接でのマナーや、質問に対する答え方など、基礎的な部分から対策しておくことをおすすめします。

 

 

働きながら転職活動をおこなう

マーケターへの転職を成功させるには、「退職した方が良いのかな?」と考えられる方が多いですが、転職活動と仕事は両立することが大切です。退職することで転職活動に割ける時間は増えるのですが、「早く転職先を決めないと…」と焦りが出てしまい、ミスマッチを起こしてしまう可能性が高くなります。焦りからミスマッチを起こしてしまうことは避けたいので、働きながら転職活動をおこなうことをおすすめします。そして、働きながら転職活動をおこなうことで、「転職しない」という選択肢を持てるので、心に余裕がある状態で転職活動を進められます。

 

まとめ

マーケターにおすすめの転職エージェント|まとめ

この記事ではマーケターに強いおすすめの転職エージェントをお伝えしました。

この記事でのポイントは以下です。

リクルートエージェントは圧倒的な求人数を誇る

マスメディアンはマーケター職の転職に強い

JACリクルートメントは外資系企業への転職やキャリアアップを目指す方におすすめ

dodaは初めての転職におすすめで、自分に合う企業を紹介してもらいやすい

ビズリーチはキャリアアップを目指す方、自分のスキルを求めている企業に転職できる

・求人数とサポート内容は登録する前に確認すべき

・転職エージェントと転職サイトは併用することが大事

・マーケターへの転職成功率を高めるには「同業他社」がおすすめ

各転職エージェントにはそれぞれの強みがあります。

つまり、マーケターとしての転職に強い転職エージェントを利用することが大切です。

そして、自分に合っている転職エージェントを利用することも欠かせないポイントになります。

複数の転職エージェントに登録しても全く問題ないので、気になる転職エージェントがあれば登録してみてください。この記事でお伝えした内容を参考にして、マーケターへの転職活動を、より効率良く進めてみてください。